--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.07.21 

エド・ニューマイヤー「スターシップ・トゥルーパーズ3」


「彼を殺すの?自分と違う神を信仰しているというだけの理由で」
「でも間違った神です」


秩序ある国家における国民の権利と義務を余す所無く描ききったハインラインのSF小説「宇宙の戦士」を、鬼才ポール・バーホーベン監督が皮肉な視点でアメリカ軍国主義を笑い倒す傑作映画に仕上げた「スターシップ・トゥルーパーズ」のシリーズ最新作。
植民惑星を作るなど地球から宇宙へとその生活範囲を広げ出した人類。しかしそこに待ち受けていたのは巨大な虫型の宇宙生物バグズとの果てしない戦いだった。植民惑星ロク・サンの防衛基地で指揮を取るジョニー・リコ大佐は、ある日地球連邦軍の総司令官の視察を受けるが、時を同じくして防衛基地の電磁防御壁が消滅、雲霞の如く基地内に進入して来たバグズの群れに基地は壊滅状態に陥る。
ぼくらのヒーロー、ジョニー・リコが帰ってきたぜ~。前評判を聞いていろいろ心配していましたが、まごう事なき良作。スターシップ1の持っていたテーマを裏表とも忠実に継承、挑発的なメッセージを内包した実にシビれる続編になっています。取り敢えず挿入歌「死に日和」(youtube動画)の早急なCDリリースを熱望したい。以下ネタバレ。

続きを読む
スポンサーサイト
投稿時間 17:34 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.07.06 

スティーブン・スピルバーグ「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」


「いいか、真の考古学者は図書館などに用は無い!」

ハリソン・フォード主演の超大作シリーズ4作目。前作から19年後の米ソ冷戦の真っ最中、研究よりもフィールドワークを身上とする考古学者インディ・ジョーンズがオーパーツの謎を追って世界を駆け巡る。
1957年アメリカ、ネバダ州。考古学者インディ・ジョーンズはソ連の特殊部隊KGBに拉致され、米軍の機密品貯蔵庫へと連行されていた。KGBの女将校イリーナは貯蔵庫に保管されている機密物資を探すのを手伝えとインディに強要する。それは何年も前にインディが不承不承関わったある事件に関連する忌まわしい棺のことだった。
久々に映画館で他の観客共々大笑いして来ました。マリオン最高!!インディ・ジョーンズは3作目が個人的にアレだったので、ぜんぜん期待していませんでしたが、面白過ぎて参りました。タイムリーにも最近19世紀末以降代に作られた紛いものだと証明された古代の水晶ドクロを軸に、忘れ去られた「世界の七不思議」を鮮やかに現代に蘇らせてくれる傑作アドベンチャー映画です。ハムナプトラとかトゥルーライズとかメタルスラッグ3とかドリフとか大好物な貴兄に是非お勧めしたい超イカした一本。以下ネタバレ。

続きを読む
投稿時間 12:03 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。