--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.06.21 

HERO「堀さんと宮村くん」

(←画像をクリック)
「なによー晃一のバカー!!私、宮村くんのところいっちゃうからね!!」
「バカ言ってんじゃねえ!!宮村のとこへ行くのは俺だ!!」
(79話「正午」より)


aiceさんとこで知ったWebコミック。面白過ぎて気が付いたら一晩中読んでいたよ。しかもまだ読み終わっていない。読み終わるのが勿体無い。最終回の卒業式を読むのが怖い。
高校二年生の堀京子は、怪我した幼稚園児の弟を家まで送ってくれた見知らぬ青年をお礼の意味をこめてお茶に誘う。実はその青年は京子のクラスメイトで、暗く内向的な雰囲気とオタクっぽさにクラス内で孤立していた宮村伊澄だった。髪を上げて数多くのピアスをしたあまりの容姿の変わりように、京子は宮村とは気付かなかったのだ。そして宮村が創太の面倒を見に堀家へ通ううち、京子と宮村の間には奇妙な絆が生まれ、クラス内の宮村の立ち位置にも変化が起こり始める。
堀さん宮村くんのラブコメエピソードを中心にクセのある友人・家族が活躍しまくります。各キャラクター毎に一定数固定ファンが付いてそうなキャラの立ちまくり方は壮絶。どいつもこいつもいい味を出し過ぎています。登場時はイヤ~な奴だと思っていたキャラクターがその後のエピソードで名誉回復、好感の持てるキャラになっていくのが非常に心地良い。宮村の友人がだんだん増えていくのが嬉しい。レミのトリッキーさが好きだ。虫の話をしながらレミとデートしたい。ミャムラとにゃんごくと夢の中で暮らしたい。伊織のチーズケーキが食いたい。河野の桜クッキーも食いたい。新藤と友達になりたい。書ききれない。個人的には漫才系の新藤晃一、堀親父、井浦秀あたりが好き。エピソードでは66話「弱い強さ」73話「パズルとピース」81話「絡まって」、あと"井浦くんに聞いてみよう!"全般とオマケの"○○ってエロいよね"シリーズがたまらない。こんなクオリティの漫画をタダで読めるなんていい世の中になったもんです。というか紙媒体で読みたい。書籍化を切に希望。

9/7追記:書籍化ガンガンから来たー。Ikaさんのすりーさんといい近年Web漫画の出版が多くて非常に嬉しい。楽しみです。
スポンサーサイト
投稿時間 19:26 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.06.16 

速水螺旋人「速水螺旋人の馬車馬大作戦」


大発(だいはつ)というフネをご存じだろうか?旧日本軍が開発した上陸用舟艇である。(途中略)そんなわけでフィリピンやソロモンで大発はまさに馬車馬の如くこき使われる。(略)昼間は怖くて動けないから、夜になって、こっそり目的へ向かうのだ。(P69より)

嗚呼、速水螺旋人さんの単行本が本屋で買える日が来るとは。もー嬉しくて涙ちょちょ切れそうです。2003年頃からアームズ・マガジン、コマンド・マガジン等ミリタリー系雑誌に連載された架空戦記ものの漫画・コラムに加え、TRPGのリプレイ漫画などを一冊にまとめたもの。25cm×21cmのデカさに加え2.6cmの厚みが実に頼もしい。あとがきの『AKIRA(の単行本)みたいな本になってしまった』という言葉通りのルックスと手ごたえ。ナカミの方も負けてはいません。おそらくこのサイズ以下の本では潰れて読めなくなっていただろう本人自筆の細かい文字が所狭しと書き綴られており、誌面から飛び出さんばかりにイラストも満載。これ一冊で何時間でも読んでいられる内容の濃さです。素晴らし過ぎる。Amazonのある書評では"「宮崎駿の雑想ノート」みたいな感じ"と書かれていましたが正にああいった感じの一冊です。
速水さんは10年ほど前にカタログ無し、目的無しでぶらぶらしていたコミックマーケットでふと手に取った藁半紙の同人誌「ボストーク通信社」「KITTE HATTE」に魅了されて以来のファン。その数ページの同人誌には溢れんばかりのロシア&SF作品への愛情が詰まっていて、速水さんの『こんなの好き』『こういうのどうだろう』的な架空メカやオリジナルキャラクター、アイデアが描かれていました。ミリタリーやSFにそれほど関心の無い私でも眺めてるだけでワクワクしてくる、そんなトキメく本だったのです。結局コミケには数回ほどで行かなくなってしまったのですが、その数冊の同人誌は今でも大事な宝物。この本読んでたら「ボストーク通信社」の過去十年分のバックナンバー欲しくなってきちゃった。どうにか手に入らないだろうか。
個人的には兵器も銃も軍隊もあんまり好きじゃないけど、速水さんの描く戦車や戦闘機はどこかコミカルで可愛らしい。何だか和んでしまう。乗ってみたくなる。よく知らないロシアやアジアの軍人たちも愛嬌のある顔でズルくて、間抜けで、たくましく、ひたむきに描かれてしまうとじわじわと親近感が沸いてきてしまう。そんな本です。
投稿時間 21:42 | 書籍 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.06.14 

ガイ・リッチー「リボルバー」


上達する唯一の方法は強敵との勝負――――チェスの基礎

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」「スナッチ」そしてマドンナの現夫であるガイ・リッチーによるクライム・ムービー。
凄腕ギャンブラーのジェイク・グリーンは暗黒街の大物マカに逆らった為、ある事件の犯人に祭り上げられ7年もの間投獄されていた。出所したジェイクはさらに腕を磨き、復讐の為にマカの経営するカジノで本人相手に大勝するも、マカの雇った殺し屋に襲われ仲間を皆殺しにされてしまう。
何と言ったらいいものやら。取り敢えずロックストックシリーズの3だと思ってる人は観ない方が懸命。
以下ネタバレ。

続きを読む
投稿時間 23:42 | 映画 | コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.06.07 

キリンジライブ in 名古屋CLUB QUATTRO


泰行「・・・・・・」(MCのネタに詰まって照れ笑い)
高樹「・・・まぁ、十年やってもこれですから」


友人夫婦とキリンジのライブ行って来ました。クラブクワトロは名古屋パルコの東館8階にあるライブハウス。ちょっと洒落てて若者多くて自分には敷居が高いスペースであります。以前に演ったZEPP名古屋に比べハコの収容人数が1800人から550人へと大幅に縮小してますが、これは前ライブの集客具合からいっても仕方ないところ。まぁ、規模が小さくなった分だけアーティストを近くで観れるのでよし。そういえば名古屋の馬の骨ライブもクワトロでしたね。開場待ちの列は200番台辺りまで、男女比は1:9くらいで年齢層はパッと見20代前半から30代前半まで、カップルはポツポツ。今回もいくらか当日券あり。
「家路」でライブスタート。堀込兄弟は共にジーンズに水玉模様(?)の色違いワイシャツで登場。長髪伸びっ放しのヤスとデビュー当時から変わらぬ兄樹の髪型。笑顔で楽しそうに演奏するヤスと対照的に押し黙ってキメキメのギター演奏に徹する兄樹がやけにカッコイイ。ヤスの声は初っ端からバッチリ出ていて「エイリアンズ」や「スウィートソウル」の高音域も完璧でした。得意のディビりも軽やかに絶好調。兄樹もボイストレーニングしたのかと思うほど声が出ていたので「悪玉」の兄パートをほとんどヤスが歌ってしまったのがかなりショックでした。ベビーフェイス担当ヤスとヒール兄の歌い分けが出来てこその名曲「悪玉」だと思うんですが。今回の兄樹はコーラスよか極力ギターに専念している感じでした。それは別にいいんですが、兄のメインボーカル曲が一曲も無いのはやっぱり寂しいなー。「この部屋に住む人へ」とかどう考えても兄が歌うべき曲でしょう。
ライブは間にアルバム「7」の収録曲を挟みつつ、各アルバムから数曲づつ歌っていきます(「オムニバス」「47'45"」からは無し)。大好きな「ジョナサン」がいきなりライブ2曲目で感動。ディビディビディビダー♪「雨をみくびるな」。音を歪めた兄樹ギターが炸裂「この部屋に住む人へ」。やっぱり『クラクション長く鳴く』の後は『んー』と言って欲しかった「太陽とヴィーナス」。リズミカルな観客の動きが突然ストップ、名曲「エイリアンズ」。ステージ脇のPAの兄ちゃんまで口ずさんでいた「悪玉」恐るべし。「もしもの時は」では手拍子がバックビートなのかどうなのか観客が困惑する一幕が。コーラスの真城さんとドラムの人が前で叩いてたので多分前なんでしょう。元祖カントリー。
個人的に最高潮といえる場面はありませんでしたが「イカロスの末裔」「太陽とヴィーナス」「自棄っぱちオプティミスト」辺りでそれぞれ大変盛り上がった印象。「YOU&ME」聴きたかったな~~、残念。アンコールは季節外れの名曲「千年紀末に降る雪は」とアルバム「7」から2曲。「千年紀末」はともかく、ただでさえ予定調和のアンコールにニューアルバムの曲を平然と入れるのはどうかと。少しはサプライズを感じさせて欲しい。それこそ「エイリアンズ」や「悪玉」とか演ればいいのでは・・・。
さてお楽しみMCは、以前とは別人のように滑らかに語りかけるヤスに驚愕。と思えば弟の振りに対し客席に『こんばんわー』とヤス完全無視の挨拶で返す兄樹が秀逸。ピンバッジの話題はほとんどコントみたいでした。しかし中盤になるにしたがってやはりグダグダに。『市販の青汁より個人営業のスタンドで飲む青汁は美味い』といった話の後、話題に詰まって黙り込んだヤスに、兄から台本作って全国同じMCにしようかというアイデアまで飛び出す始末。やはりMCが上手いヤスはヤスじゃない。
今回もなかなか楽しめました。ドラムとギターが効いているキリンジ曲はポップスというよりロックな感じで、ライブの良さを再認識した感じです。

過去記事:キリンジライブ in Zepp Nagoya
投稿時間 18:32 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.06.01 

ゲーセンでは貴方の悲鳴は誰にも聞こえない


近所のBIG-CHAPさん(ホスト業)

無料スペースの常とはいえ、ブログのレイアウトを崩すような広告記事をTOPに貼るのは勘弁して戴きたいものです。いや、そもそも一ヶ月も更新しないのがいけないんですが。未だここに訪れて頂いてる友人諸氏にはゆっくり待っていてね!と言わざるを得ない。ごめんなさい。
そうそう、昨夜は久々に友人と一晩中ダベって楽しかったな。今度はアルコールが欲しいねえ。今週末はキリンジのライブと映画「リボルバー」の公開が待ってるので、何か書けそうな予感がするよ!
投稿時間 22:04 | 日記 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。