--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.08.27 

栗原亨「廃墟紀行」


廃墟は自然に朽ちて行くのが美しい。10年20年と風雨によって浸食され、無機物である建物が有機物へと飲み込まれてゆく・・・。(P58より)

廃墟探検家による廃墟写真集。ところは北海道から沖縄まで、建築物は食堂から病院まで日本中の廃墟を数枚の写真と共に紹介しています。主な物件としては最も有名な廃墟、長崎の軍艦島や映画、テレビのロケ地などに使用されている旧豊和製紙工場など。
私自身は特に廃墟に興味は無いのですが、偶然親戚の家が映っていたので購入。近所に結構有名な廃墟があるので一緒に写ってるかなーとパラパラめくって見たらビンゴでした。その廃墟自体は先日取り壊しが決定したので、もう少し経ったらこの世から消滅する模様。
廃墟とまでは行かなくても、廃屋や放棄された長屋とかならウチの近所にも結構点在してるんですが、廃病院や廃棄されたホテルなど巨大な廃墟というものは近隣住人にとって非常にやっかいな存在。夜間の気味が悪い威圧感に加え、族の溜まり場になったり浮浪者が棲みついたりと治安も悪くなるので困りもの。普段人が立ち入らない、周囲から内部が見えない閉鎖空間なので、とても事件が起こりやすい環境でもあります。最近も廃墟で若者の殺傷事件がありましたし、全くもって忌まわしい都会のジャングルです。怖。
本書では廃墟での軽はずみな肝試しを禁じながらも、探検グッズを紹介したりと少々違和感がありますが、どちらかというと廃墟を美しいと感じる廃墟マニア向けに作っているようです。私なんぞは夜の学校や病院を想像しただけでもキンタマが縮み上がる生来のビビリなので、廃墟探検なんてとてもとても。でもちょっと中を覗いて見たいなーとは思うのですよね、時々。そういう意味での覗き見の楽しさが本書には溢れています。廃屋はアレですが、日の光を浴びた松尾鉱山秩父セメントは確かに美しい。フルカラーの写真集が欲しいかも。

関連リンク:栗原亨HP「廃墟Explorer」
スポンサーサイト
投稿時間 22:40 | 書籍 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.08.06 

Wii「フォーエバーブルー」


だって・・・・・・私泳げないもの
人にはね、努力ではどうにもならない・・・・・・「向き不向き」があるのよ・・・・・・


海中で遺跡や宝物を探索するダイビングゲーム「エバーブルー」シリーズが、ハードをPS2からWiiに移しての最新作。珊瑚礁に生きる様々な生き物達との海中散歩が臨場感たっぷりに味わえます。ダイビング中にはニュージーランドの歌姫Hayley Westenraの歌(全9曲)が流れるほか、SDカード内のmp3曲も流す事ができる。
南太平洋のパオウル共和国が誇る、広大な珊瑚礁に囲まれた神秘の島マナウライ。プロのダイバーである主人公は相棒のキャサリンと共に海上駐在員として、マナウライ海域の環境と生物を見守る職務に就くことになる。観光客向けのガイドから海洋生物の写真撮影まで様々な仕事が主人公を待つ。
エバーブルーシリーズは初プレイ。昔プレステのアクアノートの休日が大好きだったので、それっぽい雰囲気に惹かれて購入しました。毎週NHKの「生き物地球紀行」を楽しみにしていた自分にとっては非常に魅力的なソフト。イルカが集団でマイワシを狩る姿やペンギンが水中を飛び回る様子などテレビで見たあの名場面を再現・・・・・・とまではいかないまでも、かなり頑張って演出してるのが分かります。そういう雰囲気作りって凄く大事。こういうタイプのソフトはゲーム性よりいかに「その気」にさせてくれるかがキモでしょう。小さ過ぎて通常は見えないサイズの生き物も、要所のズームポイントで見る事ができて○。呼び物であるジンベエザメの巨大さやマンタのしなやかな動きも素晴らしい。特にジンベエザメの悠然とした動きはかなり感動ものです。
ゲーム内で表現されているマナウライ海域は珊瑚礁の広がる比較的浅い海域なので、あまり変わった地形や人喰い鮫などは出て来ませんが、「奈落」と題した深海ステージがあり、暗闇からヌッと顔を出す奇怪な形(カオ)の深海魚がマジでチビる程に怖いです。素敵。その他、海洋モノお約束の海底遺跡や幽霊船も登場しますが、探索要素は薄め。エアー残量の心配も無く、どれだけ深いところまで潜ってもボタン一つで船に帰れるので、時間を気にせず好きなだけのんびり漂って眺めてられるのがいいです。
ダイビングから帰って来るとガッビアーノ号(主人公たちの小型ヨット)甲板に様々な動物たちが遊びに来ているのも楽しみの一つ。ペンギンからイグアナまで生息地域を無視してあらゆる海獣が揃い踏みします。子連れペンギンが十数匹甲板に勢揃いすればもう頬の筋肉緩みまくり。反対にホッキョクグマやゾウアザラシが乗っていた日にはそのド迫力に心臓バクバク。現在ゲーム中で一番楽しい要素であります。SDカードで聴けるmp3曲は、Hayleyの歌がかなり雰囲気にマッチしているので無理に聴かなくてもいい感じ。私はちょっと気分転換にドビュッシーの「月の光」やジェフ・ベックの「Two Rivers」を流してます。佐宗綾子さんのBGMは目立たず主張せずいい仕事。裏方に徹しています。
発売直後にシノノメサカタザメを水族館に配置するとゲームがフリーズするバグが判明、ちょっとした騒ぎになりましたがゲームの進行には左程影響しないのでまずは安心。しかしアクアリウムもメインの遊びの一つであり、どうして発売前に発見できなかったのか不思議なバグではあります。
アクアノートの休日から10年、ゲームハードも2世代を経て表現力も格段に豊かになりました。でも海中散歩ゲームは「観る」事がメインである以上、できる事ってそんなに変わってないんですよね。現実では触れる事が禁止されている魚や生き物を撫でたり突いたりできるのが架空世界のいい所なわけですが、これが生き物を捕まえたり水中銃で撃てたりすると勘違いしたプレイヤーが現実を逸脱する可能性もあって難しいところ。今作のように『撫でると生物の好感度がアップ』といったリアルじゃないけど平和な方向で進化していって欲しいものです。

追記:シノノメバグの対応来ました。バグが気になるユーザーはTELor専用フォームで申し込めば修正版ソフトと交換できるそうです。これでみんな安心して潜れますね。私はメンド臭いので交換しない方向で。
投稿時間 01:04 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。