--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.03.27 

virt「FX3」

(←click the image)

PSGでヘビメタギターが確かに鳴ってる・・・。たまってさんの日記で知ったアメリカのアーティストvirt(Jacob Kaufman)の最新アルバム。20年程前当時のパソコンやアーケード基盤、ファミリーコンピュータ等のゲーム機に搭載されていた内蔵音源PSGを使用、ノリノリのプログレロックを創り出しています。アルバムのコンセプトは「80'sコナミ風のビデオゲームミュージック」ということで全編に渡って悪魔城ドラキュラやTMNTシリーズを思わせるアクションゲーム系の熱いナンバーが目白押しです。自分はもともとPSGの音が大好きなファミコン世代ではありますが、そういう懐古とか抜きに21世紀に生まれ落ちたロックミュージックとして最高のデキだと思うですよ。あー、こんな曲で2Dアクションゲームやれたら感動で泣いちゃうよ。ほぼ全曲端から端までアンコが詰まってるというか、メロディ、ベース、リズム、その全てがフックの塊なのがスゴ過ぎ。track.2の超絶(擬似)ギターソロ(途中でパープルヘイズのギタリフあり)に始まり、荘厳なオルガンが突如ヘビメタサウンドに変貌する悪魔城系サウンドのtrack.3、ヨナオケイシっぽいイントロで始まるtrack.5はtrack2、4で流れたアルバム主題テーマが激しい泣きメロに変貌。展開しまくり問答無用のキラーチューンtrack.7、track.9は狂ったような超絶ラテンリズムがたまらんです。ラストは友人の同人アレンジャーshnabubula(Samuel Ascher-Weiss)による過去アルバムFX1,2のピアノアレンジ。
数日前このアルバムに出会ってからというもの、音楽を聴ける環境にあれば常にFX3をヘビーリピートし、ネット環境があれば御本人のサイトへ行ってmp3を聴きまくっていました。サイトにはかなりの数のオリジナル曲やテレビゲームのアレンジ曲が公開されており、同コンセプトの既発PSGアルバムFX1,2もダウンロードできるので、レコード屋へ行かずして思うさまvirtの世界観を味わう事が出来ます。ゲームアレンジものではゼルダの伝説メドレー「blood of ganon」オリジナルでは「stitch-n-bitch」辺りが琴線に触れました。が、どんな豪華なオーケストラアレンジやFM音源ものよりもやはり彼のPSGミュージックにこそ強く惹かれる自分がいます。パッと見は貧弱な音源だけど、作り手の技巧によってGOODにもGODにも成り得るポテンシャルが秘められてるのがいいのですよ。
ところで、mixi music内のvirtランキング1位の曲「Get on the Bus」の音源がどこを探しても見付かりません。もしご存知の方がいたらお教え下さい。

追記:「Get on the Bus」の音源、見つかりました。MOTHER2(海外名Earthbound2)のアレンジだったのね。

関連記事:virt「魂斗羅 Dual Spiritsオリジナルサウンドトラック」
関連リンク:「ファミコン・ゲーム音楽カバーバンド」レビュー&リンク集(海外編) - gNgB
Dwelling of DuelsDoDコンペ音源保管庫
【OCR】海外のremixを語るスレ part2【VGMix】 - 2chゲーム音楽板

スポンサーサイト
投稿時間 23:48 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.03.17 

ナンバーガール「SCHOOL GIRL BYE BYE」


『愛してます』なんて誰に言うの?てカンジでLからRへかけぬける俺の一人旅
スピードを同調 キックとベースのコドウ 躁ウツよろしくビートはゆれる
(track.11「4track Professional」)


ブックオフの邦楽コーナーを物色していたら珍しいシロモノが。迷わずゲット。四人組ロックバンド、ナンバーガール(2002年に解散)のインディーズ1stアルバム。よくライブアルバムを聴きながら「omoide in my head」と「我起立一個人」「IGGY POP FAN CLUB」は一体どのオリジナルアルバムに入っているのかしらと訝しく思っていましたが、コレに全部収録されてるんですね。素晴らしい。リーダーでボーカル&ギター担当の向井秀徳による手書きのジャケ画と歌詞カードがなかなかの味です。
私がナンバーガールを知ったきっかけは、テレビで流れたシングル「透明少女」。騒々しくかき鳴らされる鋭角なギター、変幻自在の激しいドラム、音の割れた拡声器で歌ってるかのようなボーカル。そのビートから生み出されるスピード感はそれまで耳にした事無い衝撃でした。まるでミュージシャンぽくない向井秀徳のイカしたルックス、観客と真正面から渡り合う白熱のライブ映像を見ては心底『ああ、ライブ行きてぇ!!』と焦がれたもんです。祭囃子や民謡ラップ、レゲエのエッセンスの加わった後期以降は全然付いていけてませんが、このアルバムにはまだポップなメロとパンクのシンプルな味が同居していて非常にイイ感じ。4枚のアルバムの中では一番好みかもしれません。確かに「NUM-HEAVYMETALLIC」はスゴイし、ZAZEN BOYSでもナンバーガール時代を彷彿とさせる「黒い下着」「You make me feel so bad」とかは好きなんですけども。私は筋金入りのポップス野郎なのでやっぱりラップとミニマルは苦手。
ライブでは主に最後に演奏されていたナンバー「omoide in my head」がいきなり一曲目に流れるのが印象的。テンポもかなりゆっくりで別の曲のようです。向井曲でやたら繰り返されるフレーズ"愛してるってだーれに言う"はもうこの頃から歌詞にあったんですね。繰り返される諸行無常、甦る性的衝動。好きなコトバは何度も繰り返し歌いたいのだ、とNHKのトップランナーで向井御大が仰っておられたのを思い出しました。
投稿時間 20:36 | 音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.03.10 

ニンテンドーDS「Elite Beat Agents」


「今週末は、晴れます!」
「・・・もしもし?」
「私、ソフィー・ハドソンのクビをかけて晴れです!!」


ニンテンドーDSの音ゲーソフト「押忍!闘え!応援団」の英語圏バージョン。登場キャラクターと楽曲を一新したほか、スキップ機能やシェアリング対戦などが応援団よりも遊びやすく改良されている。
謎に包まれた政府の秘密組織Elite Beat Agents。彼らは助けを呼ぶ人がいればどこからともなく駆けつけ、歌と踊りで応援し勇気と力を与えてピンチを切り抜けさせていく。今日もどこかで「HELP」の叫びが聞こえてくる・・・。
祝!「押忍!闘え!応援団2」発売決定!!応援団1はあまり売れなかったみたいで、続編は絶望視してたんですがこいつは春から嬉しいニュースです。画像のこれは友人からのプレゼント。私が日頃から応援団応援団言っていたので、遠出した際に買ってくれた模様。海外版発売の一報を聞いて以来、たまらなく欲しかったのでホント嬉しいですよ。F君ありがとう。海外版を普通にプレイできるのはDSがリージョンフリーである恩恵ですね。GBA、DS、XBOX360とリージョンフリーのハードが増えたせいか、最近は田舎でもときどき海外版のソフトを見掛けるようになりました。ありがたい。
ゲームシステムは音楽ゲームの基本通り、歌、リズム、オケ部分のいずれかが表示されるマーカーをテンポ良くタッチしていくと点数が加算されていく仕組み。下画面の近藤良平っぽいイカスポリゴンダンスと上画面のポップな漫画サイドが相まって実にイイ味を出しています。エージェントは原則的に応援するだけで直接手を出さないのがミソ。励ましさえすれば自分の力で何とか出来る人の所にやってくるわけです。エージェントの白熱した応援によって限界突破していく人々の姿がとても眩しくて、プレイヤーも逆に応援されている気分になります。ラストステージでは逆にエージェントを皆が応援するという逆転の展開がまた目頭を熱くさせてくれたり。こういうの弱い。
応援団1には大好きな氣志團の「One Night Carnival」が入っていたのでそればかりやっていたんですが、このElite Beat Agentsにも超好きなアース・ウィンド・アンド・ファイアーの「September」が入っていて辛抱たまりません。最高です。Wikipediaの応援団の項目には全収録曲がリストアップされているので、好きな曲が多かったら是非プレイしてみて下さい。英語が分からなくても特にプレイに支障ありません。あとゲーム内の回転ギミックが比較的タッチスクリーンを傷付けるので、気になる人は保護シート必須かも。

追記:最高難度のディーバも半ばまで到達してようやく最後の隠し曲、Destiny's Child「Survivor」出現。いきなりのゾンビネタが楽し過ぎです。つーかディーバの「The Anthem」は無理!絶対無理。もう指がついていかない。
投稿時間 22:08 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。