--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.01.23 

THE BEATLES「The "Let It Be"Rehearsals,Vol.4 Rock and Roll」


先日ビートルズマニアの友人宅で海賊盤を物色していたら『これ最高』と手渡された一枚。ビートルズ海賊盤の大手、イエロードッグレコードから1994年に発売されたもので、ビートルズ最後のアルバム「Let It Be」のリハーサル時(1969-70)の音源が収録されています。とはいってもビートルズ曲のアウトテイクが収録されているわけではなく、勿論「Let It Be」の曲すら一曲も入っていません。では何が入っているのかというと、アルバム収録の合間に各々メンバーが適当に往年のロックナンバーを延々演奏しているというもの。本来なら売り物にならないようなこういうものが商売になってしまうのが、さすが世界的なビッグアーティストというか。1950年代辺りのブルース&ロックンロールを心底楽しそうにセッションしている様子からは崩壊寸前のバンドといった雰囲気は感じられません。「Lucille」「Bring it on home to me」「Stand by me」など、後のポールのカバーアルバム「CHOBA B CCCP」やジョンのカバーアルバム「Rock 'n' Roll」の収録曲を思わせるナンバーはたまらないものがあります。きっと彼らの大好きな曲なんでしょう・・・それこそ、つい手癖で弾いてしまうような。他にも曲のいくつかは「ザ・ビートルズ・アンソロジー1~3」に収録されているものもチラホラ。
で、私自身の感想はというと正直ビートルズの正規アルバムより聴いてて気持ちいいです。こういうリハーサルものっていいなー。音が大きかったり小さかったり雑音も多いけど、このリラックス感は他では味わえません。後期ビートルズでは音を歪ませて重ね続け、音楽の実験を行い続けた彼らが、スタジオワークの果てに失ったバンドのライブ感がここに集約しているように思えます。今までに聴いたビートルズの海賊盤ではピカイチの内容でした。
スポンサーサイト
投稿時間 21:52 | 音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.01.20 

ニンテンドーDS「不思議のダンジョン 風来のシレンDS」


ガイコツまおうは杖を振った。
シレンはおにぎり状態になった!


ローグライクゲームの一つ、不思議のダンジョンシリーズの中でも難度高めと評される「風来のシレン」シリーズ。その初代スーパーファミコン版のリメイク。
こばみ谷の中央に天高くそびえる巨大な岩山、テーブルマウンテン。その頂上には幻の黄金郷があるとされ、一攫千金を狙う<風来人>と呼ばれる無頼者がそのふもとに集っていた。そして今日も一人、語りイタチを相棒にシレンという名の風来人がこの地を訪れた・・・。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
テーブルマウンテンクリア!した!!クリアしたよテーブルマウンテン・・・ッッ!!!
初代で一回目の挫折を味わい、GB版で突き放され、N64版2でようやく男にしてもらった(エンディングを見た)見習い風来人としては、この初代リメイクのエンディングを見ることはあの苦い敗北を払拭する為に必要不可欠な儀式だったのです。難度が多少マイルドになっていたとしても、この際関係ありません。私は確かに一つの峠を・・・越えるべき峠を・・・越えたッ。越えたンです。今夜は赤飯だよ。
入る度にダンジョンの形が変わり、腹が減っては餓死し、死ねば所持アイテムを全て失いレベル1に戻され最初の町へ強制送還。絶体絶命のピンチを手持ちのアイテムだけで切り抜けるスリル、必死の危険が次に踏み出すただ一歩に潜んでいるかもしれない運の要素の強さが不思議のダンジョンの持ち味とはいえ、初代はあんまりにもあんまりだと思ったもんです。ヌルな自分が全ていけないんですけども。というか、イヤな登場人物があまりにも多過ぎる。ペケジとかお竜とかペケジとか。N64版のみんなは敵ですらあんなに優しいのに・・・。町の人と交流して仲間を増やしていくと冒険が多少ラクにはなるんですけどが。若かりしあの日の私は何も見えてなかった・・・今も見えていませんけど。ゲーム雑誌の攻略記事とかチラ見する自分がちょっとイヤな今日この頃です。物事を自分の力で調査、検証しようとする好奇心と時間が不足気味。
マップを行ったり来たりして武器防具を合体、強化するのは楽しい作業だけどちょっと面倒。今回、合体の壷も相棒も無しで初回クリアできるバランスにはなってるんでしょうか?
投稿時間 00:27 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.01.16 

押井守「立喰師列伝」


ネギ抜き七味は言ってみれば立ち喰いの基本であり、いわゆるハズレ、まずいソバに対する立喰師の一般的な対処法であった。

「攻殻機動隊」「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」の押井守による架空の昭和史。
戦後の昭和史にその名を刻んだ伝説の仕業(ゴト)師<立喰師>。その技とは手練手管で店主を煙に巻き、無銭飲食を成し遂げること。蕎麦屋から屋台、ファーストフード店まであらゆる飲食店を戦慄させた8人の立喰師の物語が語られる。
押井作品では「紅い眼鏡」「トーキング・ヘッド」に代表される業界人総出演のお遊びムービー。前2作の出演者は声優陣が中心でしたが、本作では漫画家から某アニメ製作会社の代表取締役まで内輪のワクを越えた充実振り。作中に登場する立喰師も「御先祖様万々歳」から犬丸、「紅い眼鏡」から銀二と、自作のセルフパロディーが目立ちます。「ビューティフルドリーマー」からは「マッハ軒」が驚きの再登場。ナレーションは実力派声優、山寺宏一(山ちゃん)。上映時間一杯、1時間以上にわたって押井得意の長セリフをしゃべってしゃべってしゃべりまくります。
シリアスもギャグもOK。二枚目から三枚目、子供から老人までを演じ分け、アドリブから滲み出すユーモア感覚。怪優千葉繁のあとを継ぐのは山寺宏一に違いない、と十年以上前から勝手に思っていたのですが、ついに望んでいた瞬間がやってきました。いかにも持って回ったケレン味たっぷりの押井セリフを、まるで詩の朗読の如くリズミカルに読みこなす山ちゃんステキ。劇中のフランクフルトの哲の下りが、「トーキング・ヘッド」のサントラに同梱されていたドラマCD「ゲーデルを夢見て 録音監督1993年」(ナレーターは千葉繁)の脚本とほぼ同じなので、図らずも千葉繁vs.山寺宏一のホン読み対決を行う事ができます。結果は、さんざん「ゲーデルを・・・」を聞き込んだことを差し引いても千葉繁の勝ち。やっぱり千葉さんの世界観は格別ですわ。山ちゃんのナレーションは達観した第三者的な雰囲気ですが、千葉さんのソレは熱くて感情の起伏に富んでいるのですよね。それでも本作では確実に新世代へとバトンが渡ったのを感じました。
「攻殻機動隊」や「パトレイバー1、2」の画やストーリー展開が好きな人には、単調で退屈な作品であることは否めませんが、もともとTVアニメ「うる星やつら」のメガネの長ゼリフで押井ワールドを好きになった自分にとって本作は御馳走みたいなもんです。「トーキング・ヘッド」も「御先祖様万々歳」も大好きですし。が、押井作品でも愛知万博「めざめの方舟」や映画「ケルベロス」等が理解不能なのは明記しておきます。
投稿時間 21:32 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.01.14 

国本剛章「PC園児」


正月明け、待ちに待った国本剛章さんの新譜「PC園児」が届きました。イエイ。kinoko kunimotoこと国本剛章さんについては、御本人のサイトおよび当サイトの過去記事を参考のこと。早速デッキでヘビーローテーション中ですが、もー素晴らしい。21世紀にこういった音楽と再会できるというのは本当に幸せなことです。インターネットに感謝、チップチューンに祈り、キノコさんに祝いを。
今作は「カトちゃんケンちゃん」「遊遊人生」などPCエンジンHuカード時代の作品を中心に収録されています。前作「20世紀ファミコン少年」には小学生時代に衝撃を受けた魂のファミコンミュージックの数々が収められていましたが、本作はPCエンジンを持っていなかった私には初めて聴く曲ばかり。聴き慣れない・・・しかし、自分にとってこれはキノコさんの新曲の数々。穏やかでコミカルな曲の端々に国本節が顔を出してドキドキします。独特のドリュリュリュとまるでギターリフの如く音階が上がる様はシビれて仕方がありません。最高です。
特にイカしてたのは未発表のビリヤードゲームのジャジーなナンバーとネクタリスのNG曲、そしてチャレンジャーのボーカル曲(!)どれもこれまでのイメージを覆す名曲でした。track.42とか一日中聴いていられるですよ。早くも今年を代表する一枚になりそうな予感です。

過去記事:国本剛章「20世紀ファミコン少年」
ハドソンのファミコン音楽

投稿時間 20:43 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.01.13 

PS2「メタルギアソリッド3 サブシスタンス」


「ただ一つ絶対に信じられるものは・・・『任務』だけよ、ジャック」

87年にMSX2で産声を上げて以来脈々と続くコナミの潜入アクションゲーム、メタルギアシリーズ。プレイステーションで展開されているソリッドシリーズ三作目の改訂版。新たにTPS視点の追加や完全移植されたMSX版メタルギア1,2の収録、オンラインモード(現在は終了)用のディスクなどが同梱されている。日本での総販売本数は3が約86万本(全世界累計では約407万本。VGChartz調べ)サブシスタンスは約15万本(同、約50万本)。
米ソ冷戦下の1964年、ソビエト連邦チェルノヤルスク山中の密林。CIAの特殊部隊FOXに所属する兵士ジャック(コードネーム:ネイキッド・スネーク)は、科学者ソコロフ奪還の任務を受け極秘裏に潜入していた。この任務では武器も食料も現地調達。たとえ失敗して捕虜となっても救援は受けられない孤立無援の状況で、スネークのサバイバルが始まる。
ミリタリーやサバイバルゲームにあまり興味が無く、以前メタルギアソリッド1も序盤で挫折してしまった私ですが、今回はせっかく友人が薦めてくれたので少し気合を入れてやってみました。・・・・・・ギャーー!これ凄い!とんでもなく面白いよ!!この映像にフルボイスでこの展開。説得力が只事じゃない感じです。膨大なボリュームと細部の作りこみは全ての不満を飲み込む勢い。ラストバトルに至っては『いつ終わるんだ!』的クライマックスの連続から怒涛のエンディングまで、息つく暇もありません。満足。超満足。気に入った箇所は多くて書き切れませんが、とりあえず『おおっ』と感じた瞬間を羅列してみます。

・初めて敵兵を背後から気付かれずに捕縛した時
・敵兵を尋問した際、セリフのバリエーションの多さに
・治療キットが底をついた時
・エヴァに腐った食料を食べさせた時
・焚き火を前にエヴァのプロレス風整体
・敵兵の死体にハゲタカが舞い降りて死肉をついばみ始めた時
・そのハゲタカをバラして食べた時
・空腹時にお腹が鳴って敵兵に気付かれた時
・ムービー中、カメラに水滴が付いた時
・ザ・フィアーに毒物を喰らわせた時
・ジ・エンドの無防備な背中を取った時
・一人称視点でザ・ソローのヒントを見た時
・ゼロ少佐に対ザ・ソローの助言を教わった時
・ヴォルギン大佐にTNTでダメージを与えた時
・シャゴホッド2戦目が始まった時
・ザ・ボスがクレイモア(対人地雷)に引っかかった時
・最後の引き金を引いた時

当初は銃の撃ち方も、スネークのしゃがみ方すら分からない状態で始めましたが、難易度ノーマルだと意外と力押しで進めるので敵皆殺しのワンマンアーミープレイでも、敵兵を無視しマップをダッシュで走り抜けても結構進めたりして、幅のある遊び方ができるのがいい感じでした。ステルスプレイは慣れてきたら好みの地形で挑戦すればいいし。時間が経つと体力が回復するのも非常に親切。メンド臭いと評判の食料調達、ダメージ部位の治療も気になりませんでした。むしろそのメンド臭さが楽しく、このままずっとジャングルを這いずり回って生き物食べ尽くしてたいとまで感じました。
要所に差し込まれるムービーはその凄さに感動するのと同時に、『どうしてこのいい場面を操作させてくれないんだ』という不満を強く感じましたが、最後の引き金はプレイヤー自身に引かせたり、要所でプレイヤーに痛みを共有させる仕掛けは実に上手いんですよね。一人称視点もかなり巧妙に使われている印象でした。エヴァの胸の谷間とザ・ソローのヒントは背筋が逆立ったよ。ボス戦セーブ時の時間の経過や「ゲームオーバー時の画面で・・・」とか『そんなのアリかよ』と思わせるほど目一杯ビデオゲームの幅を活用するアイデアは尊敬に値します。
今作はオープニングの歌からストーリー展開まで、かなり映画007の影響を感じました。個人的な印象では「エスケープフロムLA」+「007」+「バトルランナー」といった感じ。他にもそこここに名画のワンシーンがデジャブしたり。セーブ毎に女衛生兵が映画語りをするのはコジシネマ出張板といった趣か。だからといって本作が映画の名シーンのツギハギになっているわけではなく、厳然たるオリジナルゲームとして、映画を観ているより何倍もワクワクさせてくれた至福の20時間でした。
コブラ隊以下、ヴォルギン大佐に至るまで皆ほとんどX-MENみたいな特殊能力を持っているのは笑うところですね。エヴァのバイクテク(サイドカーでサマーソルトとか)も大概あり得ないレベルです。そんな奇人変人の中で私のお気に入りはオセロット。惚れました。かなりカッコイイですよ彼。彼に遭う為に他のメタルギアもプレイしてみたい。
投稿時間 02:10 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.01.12 

TBS「ネプ理科」


木曜深夜に放送しているバラエティー番組。ホストはお笑いトリオ、ネプチューンで知られざる生き物の生態と驚きの化学実験が番組のメイン。基本的には実験、検証が中心でそれ単体でも十分に面白いのですが、さすが深夜枠らしく下ネタ満載の下品な笑いに満ちています。一かけらも相談に乗っていない生き物ウンチク『人生相談リカウンセリング』、昆虫食いまくりなど各専門家の異様な趣味が垣間見える『ネプの理科騒ぎ』、堀内が女性にTELし卑猥な生物名を連呼させる『ガチンコ電話で理科リサーチ』 に至ってはやらせでなければセクハラで訴えられてるレベル。下ネタもグロも平然と対応するアシスタントの川田亜子アナも実にいい感じで、大人が真夜中にバカ笑いできる稀有な番組となっています。個人的には一時間枠でたっぷり専門家の話を聞きたいところですが、無理だろうなー。
今週はペニスが二本ある爬虫類の生殖ネタと、ヌタウナギ脅威の攻撃法。先週から始まった『ショッキングアニマル』第一弾のナマコを見れず痛恨でしたが、ヌタウナギも結構ビビりました。あと深海のダンゴ虫マジでカワイイ。
投稿時間 01:36 | テレビ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.01.10 

支倉凍砂「狼と香辛料」III


「愛は金で買えないと詩人は言い、金より大切なものがこの世には存在すると説教師が言う。ならば、金を稼ぐことすらこんなにも苦労するというのに、どうしてそれよりも大切なものがわれわれの手の中に入るのだろうか」(P269-270より)

第12回電撃小説大賞、銀賞受賞作の三作目。行商人ロレンスと狼神ホロの二人旅を描く。
中世のヨーロッパ。齢25の若き行商人クラフト・ロレンスは町から町への旅暮らし。ある日、ロレンスは荷馬車に怪しい女が乗り込んでいる事に気付く。彼女は名をホロといい、自分は豊穣の神で狼の化身だと主張する。一人旅にどこか孤独を感じていたロレンスは、故郷へ帰りたいというホロの願いを聞き入れ共に旅することとなる。
ガッチリ書き込まれた描写と含みを持たせた台詞のやりとり、そして300ページを越える確かな満足。パロディまみれのハーレム系ラノべに飽き飽きした人に送る久々の力作ファンタジー。獣娘スキーの友人に薦められて1,2巻と楽しく読んできましたが、この3巻でグッと来ました。この一冊に出会う為に「狼と香辛料」を読んできた感じがします。
本作の世界観はファンタジーですが、お金の単位と国名を除けば独自のファンタジーガジェットは出て来ません。悪の帝国もドラゴンも、人を襲うモンスターすら出現しません。本作で描かれるのは剣と魔法の戦いではなく商売。不安定な政局の中、したたかに栄える商業組合の力関係の中で、物々交換と金銀銅貨の行方を巡って争う商人たち。リスクとリターンを天秤にかけ、駆け出し行商人ロレンスが相棒ホロと共に世知辛い世の中を渡っていきます。活劇が控えめな分、人同士の交流は濃密。商売を有利に進める為にコネを使い、力関係を見極め、相手の表情を読み、時にはハッタリをかましと手に汗握る交渉が全編にわたって楽しめます。
恩歳100歳、一人称「わっち」。「くりゃれ」「ありんす」など遊女言葉を使う犬耳娘ホロの可愛さが巷では大人気ですが、私は立ち寄った街でロレンスを迎える父親の様な商売人たちの渋さがお気に入り。時には優しく、時には厳しくロレンスを諭す百戦錬磨の男達のコトバにはひどく惹かれるものがあります。『俺とお前は親しいがそれとこれとは話が別だ』的なオヤジにシビれる。
さて3巻。1,2巻と続けて土壇場でホロに助けられてきたロレンスですが、今回対峙するのはそのホロ本人と間男。男の意地と誇りを賭けてロレンスは昨日までの相棒に戦いを挑みます。クライマックスの展開は見事の一言。楽しめます。
投稿時間 00:00 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.01.08 

謹賀新年


新年明けましておめでとうございます。
たぶん2007年も相も変わらず不定期更新なしょうもない独り言ブログですが、読んでいただいてる方々、今年もよろしくです。年末はテレビも見ずにひとりメタルギアソリッド3サブシスタンスで年越しでした。暮れても明けてもずーっとザ・フィアーに刺し殺され、焼き殺され続ける俺のスネーク。初夢は足の親指の爪の裏に悪霊が憑いてるとか、そんな感じのイヤな夢。
昨年の一番良かったゲームはアドバンスの「リズム天国」、一番聴いた音楽アルバムはキリンジ「ドデカゴン」、よく見たDVDは「ブレインデッド」、最もグッときたマンガは「シグルイ」でした。今年もいい作品に出会えるといいな。
投稿時間 22:39 | 日記 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。