--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.12.31 

ダニー・ボイル「28日後...特別編」


「やった、(精神)安定剤。へへ、これがあればグッスリ眠れる上に、夜中に襲われようが気にならない。飲もう」
「いらん、俺はやめとく」
「あたし欲しい」


トレインスポッティングのダニー・ボイル監督によるゾンビホラー。
現代のイギリス、ロンドン。バイクメッセンジャーのジムは仕事中にクルマと事故を起こし意識を失う。どれほど意識不明だったのか、目覚めるとそこは見知らぬ病院の一室。奇妙なことに巨大な病院内に人の気配は無く、電気も通っていない。ジムは状況が掴めないまま病院を出るが、市内にも人影はなくロンドン中がゴーストタウンと化していた。
ゾンビ映画をバリバリ貸してくれる頼もしい友人からの借り物。面白かったー。作中のクリーチャーはゾンビではなく「感染者」と呼ぶのが正しいとか。でもまぁ、ゾンビだと思います。全速力で走るゾンビはドーン・オブ・ザ・デッドで見慣れましたが、今作は血液一滴で即座に感染、変貌までわずか数十秒とさらにテンポアップ。仲間といえど感染の兆しが見えたら即座に殺さねばならない恐怖。どちらかというとゾンビの脅威はあまりメインではなく、人間が極限状態で事態にどう対処するのか、そして人の本来の残虐な性癖を主に描こうとしている様子。・・・そういえばロメロの『ゾンビ』もテーマ的には同じですね。楽園を守る少数の軍隊、感染への答え、飼われたゾンビ、締め出された男による楽園の崩壊と後半の展開が非常に『死霊のえじき』に近い・・・むしろえじきのリメイクっぽいなと鑑賞しながら思っていましたが、実際製作陣も意識していたらしくコメンタリーで脚本家自ら"これはパクリみたいなもの"と語っています。
今作ではおそらく「感染した人間がどう行動するのか」は語られていない?身体を欠損した感染者が皆無なので、特に人肉を喰いたくなるワケでもない模様。噛み付いたり、盛んに血を吐き散らして感染者を増やそうとはするようですが。事情通も研究者も出て来ないのでその辺りは謎のまま。
DVDには約2種類の別エンディングが収録されていたり、監督と脚本家による音声解説もしっかり付いていて◎。コメンタリーではBSEや口蹄疫が蔓延した時期のロンドンで、911テロ事件の真っ只中製作された本作の危うい立ち位置を感慨深く語っています。コメンタリーとしては口数が少ない方ですが、感染者の撮影ではフレーム数をいじったとか、親子関係が裏テーマなど裏話もいろいろ興味深いです。本作はなぜかベトナム戦争を描いた『地獄の黙示録』の多大な影響下にあるようで。兵隊との食事シーンが『地獄の黙示録 特別完全版』で追加されたシーンのオマージュだというのはコメンタリーで初めて気が付きましたが、確かに後半のジムの戦いは密林を彷徨うウィラード大尉の姿にダブります。どこかロードムービーっぽいのはそこら辺から来ているのかもしれません。
スポンサーサイト
投稿時間 00:18 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.12.27 

作:南条範夫/画:山口貴由「シグルイ」1~7巻


武士道は死狂いである。そのような状態にある一人を仕留めるのに、数十人がかりでもできかねる場合がある。(二巻後書より)

直木賞作家、南条範夫(故人)の時代劇連作を「覚悟のススメ」の山口貴由が劇画化。江戸時代を舞台に、ある剣術流派の狂気に巻き込まれた二人の若者の対決を描く。
江戸時代初頭、寛永六年(1694年)。駿河藩主、徳川忠長はその尋常ならざる残虐趣味が高じ、ついには御法度である真剣による御前試合が駿河城内にて執り行われることとなった。同年九月四日、第一試合。決闘の場に現れたのは隻腕の勇士藤木源之助と、盲目の美丈夫伊良子清玄。これより死合う二人の侍の間には、実は七年にも遡る因縁があった。
ちょっと前に今面白いマンガは何?と知人に訊くと『シグルイ』と言われる事が多くて、気にはなってたんですが・・・確かにこれは凄いです。作画の圧倒的な迫力、全編に漂う禍々しい雰囲気と妖しさ。立ち会いのわずか一瞬に凝縮された緊迫感。剣術に全てを懸けた若者達が交錯する青春の光と影。読みながら背筋がゾクゾクするのは久し振り。「覚悟のススメ」もいいかげん最高でしたがこれも相当の傑作です。原作は短編と言っていいほど短いらしいですが、ネタバレが怖くて調べられません。それはもうネットで『シグルイ』という単語を検索できないほどに情報をシャッタアウトしてます。久々に続きが気になって仕方のない作品です。
ざっと読んだ感じの主人公は藤木源之助ですが、狂った世界に身を置いているのは実は藤木の方で、しかも彼の考えている事はほとんど描写されないので、どうも伊良子の方が主役に見えてしまいます。野心に燃えて社会の底辺から身を起こし、狂人に虐げられた女性を救う様は正にヒーロー。常人では気が狂ってしまいそうな修羅場を、数々の死線をくぐっていくのも伊良子なら絶望の淵から這い上がって自らと女を蹂躙した者どもに対し復讐を遂げていくのも伊良子ですし。娼婦の母親やいく、海亀のエピソードにしても伊良子は本当に憎めない、いい奴です。7巻でようやくなぜ藤木が虎眼流に盲従するのか明らかになったので、ちょっと藤木も好きになりましたが。ヒロインも断然三重よりいくですね。一途な感じがステキです。いや、実際三重はとんでもない食わせ者だと思うよ。正直見てて怖い。
人気マンガ「ベルセルク」にストーリー(黄金時代辺り)や、作画的にも陰影や身体の描き方などいろいろ類似点が多いですが、14巻辺りから迷走し始めた感のあるあちらよりもシグルイの方が全体的にまとまっていて読ませると思います。緊迫感が作中通して持続しているというか。
投稿時間 21:01 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.12.02 

PS2「龍が如く」(PlayStation2 the Best)


「今日はちょうど打とうと思ってたんだ…ひねくれたカーブをな」

昨年スマッシュヒットを飛ばしたヤクザアドベンチャーのベスト版。来週待望の続編が発売されます。
欲望と暴力が渦巻く街、神室町。暴力団堂島組舎弟頭補佐の桐生一馬はその腕っ節と人望で堂島組の将来を担う若手として周囲から期待されていた。ある日女好きで知られる堂島組組長が桐生の女、由美をさらう事件が起こる。由美を助けに駆けつけた親友の錦山彰は動転して堂島組長を射殺。錦山を庇い下手人になった桐生は、極道にあるまじき『親殺し』の汚名を背負い投獄されてしまう。そして10年後…出所した桐生は因縁の待つ神室町で一人の少女と出会う。
いやーすんごい面白かった。質、量共に大満足のアドベンチャーゲームでした。購入者の評判が非常に良くて、興味がわいていた所に最近安価のベスト版が発売。飛びつきました。パッケージ裏の誰もがケンカの強い男に!の言葉通り、北斗の拳のケンシロウみたく強くて優しいイイ男、桐生ちゃんが神室町にはびこる巨悪からその辺のチンピラまで、悪い奴全てをボコりながら怒涛の展開でプレイヤーが想像もしない地平まで運んでいってくれます。
格闘アクションは当初直線的にしか殴れないので、コワモテに囲まれてフクロにされる事が多くへこみますが、次第にステップで攻撃を避けたり、コンボ途中で後ろの敵も薙ぎ倒せるようになり加速度的に楽しくなってきます。高速移動をしながら両手拳銃を撃ちまくってくるボス戦など、どうにもならないと思われる場面でも、そこらに落ちてるモノ(この場合は鉄板)を活用すれば何とかなるのが○。
バトルのキモである金属バットなどの武器や、自転車、看板等そこいらに落ちている鈍器で相手にトドメを刺す『ヒートアクション』もかなり痛そうで爽快。お気に入りは顔面踏みつけとバット。
ヤクザなメインストーリーの他にも街をほっつき歩いていると発生するイベントが盛り沢山で、ストーリーそっちのけでのめり込む勢いです。内容もキャバクラ遊びなどディープなものから、ブラックジャックやバッティングセンターなどのミニゲーム系、うまい話に気をつけろ的なイベントまで多種多様。都会の盛り場を徹底的にデフォルメしてゲーム上に再現しており、現代文化の批評的な側面まで到達している稀有な一本ではないかと思います。街にたむろう人全てに話しかけられたり、店の一軒一軒に入れたりはしませんが、夜の繁華街に漂う匂いや人いきれすら香ってくる様なビジュアル、効果音は壮絶。
楽しみにとっておいたキャバクラ通いがゲーム後半、遥お嬢ちゃんを引率するハメになり行けなくなったのが一番の心残り。2はハナから通おう。
投稿時間 21:41 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。