--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.29 

スティーブン・スピルバーグ「マイノリティ・リポート」


「自己啓発にはムショにブチ込まれるのが一番いい。本当だよ。シャワーを浴びてると図体のでかいおっかないのが、凄いイチモツぶら下げて寄って来て耳元で囁くんだ"よう、ダ~リン"ってな」

週末にテレビでやっていたので、ようやっと観ました。悪い評判ばかり聞いていたけど、想像以上に面白かった。スピルバーグ監督作品では「太陽の帝国」「レイダース」、トム・クルーズ出演作では「コラテラル」「宇宙戦争」が好き。
近未来のアメリカ、首都ワシントンに犯罪予防局が設置される。犯罪予防局とは未来予知で事件を事前に察知、殺人を未然に防ぐ組織。犯罪予防局の活動の結果、殺人事件は根絶、犯罪件数も大幅に減った。犯罪予防局に所属する刑事ジョン・アンダーソンは熱心に犯罪の取り締まりを行っていたが、その実深刻な薬物中毒に陥っていた。6年前、目の前で誘拐され行方不明になった息子ショーンへの自責の念が今も彼の心を蝕んでいたのだ。
ミルズ刑事は引き金を引いたが、ジョンは撃たなかった』
小道具、マシンのデザイン、映像もモロ好み。コンピューター等の効果は3Dデジタルでも、色々なものがアナログで残ってる世界というのはいいですね。車が自動で走って警官がジェットパックで空を飛んでも、田舎に普通に暮らしてる人がいるってのがイイ。イカれたモグリの眼球移殖医のキュートさ、アガサが語る在りし日のショーンの思い出、ジョンが脱走しても部下に好かれてたりとグッと来るシーン、要素が満載で非常に楽しめました。コリン・ファレルは演技上手いですね。
SFというと含みのあるダークな終わり方と相場が決まってるんですが、珍しく幸せな結末で溜飲が下りました。
スポンサーサイト
投稿時間 21:15 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.27 

東京事変「大人」


何かを悪いと云うのはとても難しい 僕には簡単じゃないことだよ
一つ一つこの手で触れて確かめたいんだ 鮮やかな色々(track.10「透明人間」)


椎名林檎率いるバンド、東京事変の2ndアルバム。1stアルバム「教育」は未聴。
椎名林檎は「無罪モラトリアム」「勝訴ストリップ」と死ぬ程好きでしたが、3rdアルバム「加爾基精液栗ノ花」が自分にあまり合わず、しかもCCCDだったので頭に来て当てつけに海賊版を買ったりしました。以降買っていません。カバーアルバム「唄ひ手冥利」(特に黒ディスク)は結構好きだったんですが・・・シングル「真夜中は純潔」の流れのアルバムが聴きたかったな。
さて「大人」。ライブ映像で流れてて一発で惚れた曲「透明人間」が入ってる事を知り、それ目当てで購入。最高。「透明人間」最高。「月に負け犬」と同じフレーズ"好きなひとやものなら 有り過ぎる程あるんだ"の下りに震えます。歌詞はお子さんに向けて歌っているような?作曲はtrack4「スーパースター」と同じく亀田誠治(ベース、作編曲担当)。亀師匠はやっぱり凄いぜ。
「透明人間」以外、特に期待していなかったんですが意外と楽しめました。「ザーメン」程ストリングスが利いていませんし曲調は結構好み。「修羅場」「ブラックアウト」はカッコイイし「雪国」>「歌舞伎」の流れはテンポがいろいろ変わって非常に面白いです。少々ギターに添え物感があって(意図的だろうとは思いますが)パンチが利いてないので、個人的には割り当て&音量アップを希望したい。
全体的に良かった。「教育」も聴いてみたくなりました。

関連:東京事変インタビュー 
投稿時間 19:12 | 音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.26 

エドワード・ゴーリー「うろんな客」


It was subject to fits of bewildering wrath,
During which it would hide all the towels from the bath.(原文)

ともすれば 訳のわからぬ むかっ腹
風呂のタオルを 一切隠蔽 (訳文)

訳のわからない癇癪を起こすこともしばしばで、
そうすると 浴室のタオルをみんなかくしてしまうのです(散文)


週刊少年サンデー連載「さよなら絶望先生」でネタとして使われていたり、巡回ブログのアフォリエイトで見かけて気になっていたエドワード・ゴーリーの絵本を買ってきました。近所の本屋には他に「ギャシュリークラムのちびっ子たち」「優雅に叱責する自転車」しか置いてなく、迷った末「うろんな客」を購入。ウチにはよく甥が遊びに来る為「ギャシュリークラム」(アルファベット順に子供がいろんな死を遂げるお話)はあまりにシャレにならないのでやめ。理不尽な死でない分「不幸な子供」なら別にかまわないんですが。
訳に加えて英語の原文が載っているので不思議に思い、よく見ると原文自体が韻を踏んだ言葉遊びになってるんですね。マザーグースっぽい感じ。直訳すると、意味は通じるけれどもおもしろみや原文の意図するところが消えてしまい、意訳すると日本語とのバランス取りが難しい。この「うろんな客」で訳者は5・7・5・7・7の短歌形式に翻訳することで、詩の持つリズムを楽しませる事を優先した模様。その分、原文にある韻の面白みと文章の分かりやすさは失われているわけで、原文が載っているのも頷ける話です。訳者あとがきでは意味を解りやすくした散文形式の訳も載っていて、ぬかりありません。
ゴーリーの絵本は未だ数冊しか読んでいませんが、死や不吉、敬謙な信仰を笑うような不謹慎さ、そして鬱状態の気だるい感じがとても気に入りました。ちょっとした毒というか、読後に何とも言えず嫌な気分になったりする物語を、あえて低年齢向けの絵本という形式にして出版するところが洒落たやり方だと感じます。
モノクロ線画も非常に魅力的。物語の恐ろしげな世界観をどこか滑稽に彩り、『恐怖』『戦慄』の手前で踏み止まる事に成功しています。忌み嫌われる存在である死神や、一様に陰鬱な表情のキャラクター達にも何気に愛嬌があって可愛らしい。「うろんな客」もバスケットシューズ(コンバースかな?)がとても似合っています。

関連:エドワード・ゴーリー著作一覧
投稿時間 18:49 | 書籍 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.25 

DAIKON


庭の家庭菜園で立派な大根が収穫できたので記念撮影。
別に私が世話をしたわけでは無いので自慢にはならないんですが、今冬は大根を筆頭に搨菜(たあさい)、二十日大根、カブ、長ねぎと豊作でお店で高値の野菜を買わずに済みました。お隣さんからは山程の柿や長芋、サツマイモを戴いてビタミンには事欠きません。素晴らしい。
野菜は甘くておいしいですな。醤油をかけた白ネギを焦げ目がつくまで焼いてからいただくと、本当に美味しいです。搨菜も茹でておくだけでラーメンの具に、野菜炒めに大活躍。生ゴミの捨て場に困らなかったり、田舎に住んでて良い事も結構あったりします。
投稿時間 00:09 | 日記 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.24 

ロベルト・シュヴェンケ「フライトプラン」


パニック・ルーム in the sky!ジョディ・フォスターの密室サスペンスもの。
航空機設計士カイルは途方に暮れていた。突如夫が自宅の屋上から飛び降り自殺してしまい、6歳の娘ジュリアを連れて帰国しなければならないのだ。帰国にあたってカイル親子が搭乗するのはカイルが自ら設計した最新ジャンボジェット。父親の死というショックから未だ冷めやらぬジュリアを休ませる為、後部の空席にジュリアを寝かせ自らも仮眠を取るカイル。3時間後、カイルが目覚めるとジュリアは機内から忽然と姿を消していた。
ジョディの顔は怖いです。以下ネタバレ。
続きを読む
投稿時間 00:00 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.23 

倉島圭「24のひとみ」


わ。週刊少年チャンピオンに倉島圭が連載してる!びっくり。めでたい。私は倉島圭の「メグミックス」が大好きで、2巻を心待ちにしていたのですが、いつまでたっても出ないので心配してたですよ。
雑誌ヤングチャンピオンに連載していた「メグミックス」は女の子(名前が常にめぐみ)がダジャレ混じりの下ネタでボケて、若者or老人が「そうじゃねぇ!!」「くだらねぇんだよ!!」と一言つっこむという爆笑問題の香り漂う4コマ。ダジャレのくだらなさ加減に加え、中学生レベルの下ネタが満載で個人的なツボです。バックの妙~な背景や時折ツッコミの顔が変化する(火を噴いたり、怪物になったり)のがこれまたいいんですよ。大体のやり取りは以下の通り。

 (1巻P7より ラーメン屋にて)
 「せんずり好きなんだからシコシコめんにすれば?」
 「くだらねえ事いってんじゃねぇ!!」

 「まさかこの店ザーメンが運ばれてくるんじゃ・・・・・・」
 「そんなわけねぇだろ!!」

今回は少年誌という事でいつもの下ネタはなりを潜め、常に男性だったツッコミ役も女性が担当したり華やかな印象。基本的な進行は変わらないものの4コマのワクは取っ払っていたりと、細かい部分がいろいろ変わっています。面白さとネタのダークさは相変わらず。倉島圭のシンボルともいえるドクロマークも1コマ目でしっかり背負っています(画像)。
タイトルが「24のひとみ」という事で24回しか連載しない・・・ってわけじゃないよね。それか24歳のひとみって事?

関連:壺井栄「二十四の瞳」
投稿時間 00:02 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.22 

ポール・マッカートニー「CHOBA B CCCP」


僕の行き先やお金の使い道を いつだってあれこれ詮索して
まくしたてる君 もうウンザリだ 限界だよ もうこんなのには耐えられない
(track.12「CRACKIN'UP」)


1988年にロシアで発売されたポール・マッカートニーのカバーアルバム。ポールのルーツとも言える1950年代のロック、R&Bの名曲を思い入れたっぷりにカバーしています。カバーの内訳はプレスリー、リトル・リチャード、サム・クックなど。去年アメリカ南部のハリケーン騒動で一時行方不明となったアーティスト、ファッツ・ドミノの曲からも3曲収録。全編を通してシンプルなロックナンバーが並び、素直にノれる、身体を揺らせる気持ちいいアルバムに仕上がっています。ピアノ&ギターの絶妙な競演はポールの名曲「OH!DARLING」「LADY MADONNA」を彷彿とさせ、もしかしたら元ネタはここら辺りからなのかと思ったり。気に入ったナンバーはサム・クック「Bring It On Home To Me」デューク・エリントン「Don't Get Around Much Anymore」。しゃがれたシャウトかっこいい。
ジョン・レノンも同じコンセプトのカバーアルバム「ロックンロール」を出しているとかで、今度聴き比べてみようと思ってます。かぶってる曲もあるとか。
投稿時間 00:43 | 音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.21 

PS2「SIMPLE2000シリーズ Vol.90 THEお姉チャンバラ2 」


この剣に誓って、アタシがそいつをミンチにしてやるわ。

雲霞の如く溢れ返るゾンビの群れを果てしなく斬り続けろ!シンプル2000シリーズの白眉、タムソフトの看板アクション3作目。
暗殺を生業とする女剣士、彩。前作で彼女が対峙したゾンビの群れは、死んだ母を蘇らせようと彩を狙う妹、咲の仕業だった。血で血を洗う姉妹の闘争は結局彩の勝利に終わる。彩は何とか一命を取りとめた咲を病院に運ぶものの、意識が回復する事は無かった。そして容態が急変した咲は別の病院へ移送される途中、忽然と姿を消してしまう。残ったのは血に染まった救急車だけ。再び街に血の匂いが漂って来た・・・。
『お前は今までに斬った屍生人(ゾンビ)の数を覚えているのか?』
1作目は手軽な隠しコマンド(パラメータ最強、隠し要素全て出現)があったので、一回クリアして以降は特にやり込む事もなく放置。2作目「THEお姉チャンプルゥ」は厳密な続編では無い事と評判を聞いてスルー。本作は知人から薦められて購入。
というわけで正式にやり込んでいるのは本作から。今のところ前作の様な安易な隠しコマンドは発見されておらず、ゲーム自体も簡単に終わらせない為の仕掛けがいろいろ凝らしてあって面白いです。まぁ、それでも『どんな方法で』『どれだけ多く』ゾンビを斬るかに楽しみを見出せない人はプレイ不能の仕上がり。難度もちょいと上昇してヌルプレイヤー(俺)の悲鳴まで聞こえてくる始末。coolコンボについてはポールの万聖龍砲拳程シビアでは無いにせよ、TOBAL2のジャスト入力を嬉々として決められるくらいの練習は必要かもしれません。
しかしゾンビの頭or両手を任意で引きちぎれる仕様は秀逸ですし、前作では穢れゲージが累積しないと倒せなかったウザい腐敗ゾンビも『抜き手』という新アクションで瞬殺でき、ぷしゅーっ!と噴き出す血飛沫の演出に嫌な笑みが浮かぶのを隠せません。2キャラを交代してプレイするのも戦略性を増していて純粋に楽しさに繋がっています。特に姉>鳥、妹>警官・巨人・フナムシの相性は見事。システムを使いこなした先に気持ち良さが待っている、良質アクションだと思います。
現在ハード5面。不浄門は全部開けて残りクエストはクールと連絶。ただゾンビ斬ってるだけなのに、何故か中毒性があります。クセになるぜ。

関連:THEお姉チャンバラ2 攻略まとめ
投稿時間 01:20 | ゲーム | コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.20 

三谷幸喜「THE有頂天ホテル」


ちょっと前ですが観て来ました。面白かった。三谷幸喜作品は映画では「ラジオの時間」、ドラマでは「王様のレストラン」が好き。テレビでしか見た事ありませんが舞台なら「笑いの大学」。
時は12月31日午後10時、舞台は高級ホテル"アバンティ"。大晦日から元旦まで2時間余りのドタバタを描いたコメディー。出演者が主役から端役まで揃って芸達者な上、いちいちおかしな連中でセリフも気が利いているので特に文句という文句が浮かびません。なにしろ書くこと無いくらい面白いわけですよ。ここ一週間、批評とか感想とかいろいろ書くこと考えていたんですが激しく無駄でした。私もこの作品については他人の批評とか読みたくないし。以上です。
個人的にはアリキリ石井正則扮するホテル探偵が気に入りました。もう登場するだけで笑えます。ありえない態度のデカさと浮きまくるハードボイルド。イイ。ホテル探偵で一本映画撮ってくれないかしら。
投稿時間 23:48 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.13 

木尾士目「げんしけん」7巻


「自分の性的な空想を世の中に発表するなんて 考えてみればすごいですよね・・・・・・」(P41より)

主人公笹原完士は椎応大学の新入生。「おたく系」のサークルに入会しようと意気込むが、照れとプライドが邪魔して素直になれない。ある時、同級生の高坂真琴(イケメン、彼女有)に誘われて現代視覚文化研究会(通称げんしけん)の門をくぐるが・・・。
前作にあたる「四年生」「五年生」で余す所無く描いた男女関係のドロドロ具合から一転、大学のおたくサークルの実態を迫真のリアリティで描いたコメディ作品。しかし大学生という世間から一種浮いた立場と実社会とのギャップを描いている点ではテーマは同じ。著者は余程大学時代に未練があるか思い入れが深いようです。
コミケ、エロゲー、フィギュア、同人誌、コスプレと主要なおたくカルチャーを押さえつつ、作中漫画「くじびきアンバランス」ではアニメ化設定やセル画を実際に制作、その同人ゲームに到っては画面はもとより固有技、連続技まで設定する熱の入れよう。同人ゴロの存在、腐女子のやおい的思考やコスプレイヤーの気持ちなど非常にデリケートな部分もキチンと描き、世間で『おたく』と呼ばれる文化をほぼ網羅した感があります。濃密な取材の成果と呼ぶのが相応しい、この「空気」の再現度は壮絶。
当初は自分らが世間で白眼視される存在だと自覚している事を皮肉っぽく、時には卑屈に描いていましたが、唯一の常識人であるヒロイン春日部咲をおたく達に絡ませることによって、おたくの感覚と一般人の感覚の自然な対比、及び閉塞しがちな物語を展開させ盛り上げる事に成功しています。私が好きなキャラクターはヤセのノッポメガネ、斑目晴信。当初は笹原に感情移入して読んでいたのですが、途中から斑目にひどく感情移入してしまいました。『もしかして俺、ズレちゃってる?』と自問する斑目は俺そのもの。
さて7巻。主要な面子もほぼ卒業してしまい物語もゴールが見え始めた昨今、コミケのサークル参加を軸にコスプレ女王大野がムッツリ腐女子荻上の頑なな心を解きほぐそうと奮闘します。自分としては、ラストまでに斑目が咲ちゃんに告白するところまで描いてくれたら神漫画だと思うですよ。
木尾士目作品では登場人物が必死な時や冷め切った時に見せる険しい"目"が好き。そういう目を一切しないクッチーもまた、好き。

関連:木尾士目インタビュー
投稿時間 19:00 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.11 

キリンジ「あの世で罰を受けるほど」


別に文章を通じて言いたいことは無い(P274 堀込高樹)
ホント出来る限り(話を)ひっぱることしか考えてなかったから。(P276 堀込泰行)


TV番組のガイド雑誌「TV Bros.」に連載中のキリンジのコラム(2001年3月3日~2005年10月分)を単行本にまとめたもの。タイトルはキリンジの3rdアルバムに収録されてる曲「あの世で罰を受けるほど」から。コラムの内容は堀込兄弟の特に何て事のない日常で、その他に4、5枚目のアルバムインタビュー、兄ちゃんがいろんなサングラスを試着する「高樹がメガネをきがえたら」などが掲載。
高樹さんの歌詞が大好きな自分としては、高樹さんの日記が読めるだけでマストバイな一冊。毎回二人が好きなアルバムが紹介してあるのもポイント高いです。高樹さんはコラムに引っ掛けたシャレで選んでるみたいですが。面白かったコラムは泰行さんだと、5ヶ月に渡って話をひっぱった「お引越し騒動」恐怖!ファイナルディスティネーション「大きな赤ちゃん」1年も冷蔵庫を開けないヤス「冷蔵庫」部屋にペットボトルを貯め込むヤス「ペットボトル三昧」辺り。高樹さんでは、俺も500円は高いと思う「守銭奴」世間への怒りをぶつける「流行語大賞は『憤死』で決まり!」胎盤食べたいなどと言い出す「珍味」、「一度きりの上映」の元になった「ひとりで映画を」夫婦でストーカー「尾行」パクられた自転車から妄想が始まる「自転車」など。コラムからは意外とだらしない泰行さんと、肝の据わった高樹さんという一面が見えて来ました。新旧インタビューでは音楽に対する考え方も真面目に語られていてなかなか読ませます。ちょい値段は高いですがファンなら買い。

関連記事:キリンジ「自棄っぱちオプティミスト」

投稿時間 22:19 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.09 

カラオケ5時間1900円也


久々カラオケに行って来ました。参加人数は八人二部屋、四人ずつ。機種は初めてのカラオケUGA。ここのところカラオケというと二人で延々6時間とかだったので、人の歌を聴くのも好きな私としては四人なのが嬉しい。聴くアーティストの開拓には結構カラオケが役立ってます。
リモコンは流行の液晶タッチパネル(画像)。DAMの電モクよりか、ちょっと画面レイアウトが使いづらい感じです。収録曲の方はフジファブリックが主要シングルのみで不満ありですが、後は文句なし。連れも言ってましたが他の機種より多いくらい。キリンジも揃ってますし、大江千里は2ページに渡って収録とこれまでに無い多さ。あとは岡村靖幸の「マシュマロハネムーン~セックス」が入ってて嬉しかったな。
自分が歌ったなかで反応が良かったのはフジファブリック「虹」、ボニーピンク「Heaven's kitchen」。
人が歌ったナンバーではマキシマム・ザ・ホルモン「霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔」とグループ魂「君にジュースを買ってあげる」がピンと来ました。CD買って来なくちゃ。
投稿時間 21:25 | 日記 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.08 

Various Artists「NagaraMusic_Winter」


あいつは本当にどこにも居場所のない男
どこにもない自分の国で 行き場のない計画を
誰のためともなく立てている(track.14 Carpenters「Nowhere Man」)


洋楽(ジャズ・ポップス)コンピレーション「NagaraMusic」の第一弾。毎回異なるアーティストが季節ごとに一枚のコンピレーションアルバムを作る企画で、今回の選曲担当はキリンジ兄、堀込高樹。テーマは本を読みながら、お茶を飲みながら流しておきたい曲。
自分は高樹さんのファンなので非常に楽しみにしていた一枚です。あわよくばキリンジのルーツも辿れるかな、と。一応のお目当てはネットラジオ「キキキリンジ」で流れてて気に入った、カーペンターズの「Nowhere Man」。カレンが歌うビートルズナンバーはいいね。
さて、中身の方はスローテンポのスムースなジャズ、ポップスが全16曲。ケニー・ランキン、バート・バカラックとキリンジが影響を受けてるっぽいアーティスト、曲調もちらほらと見受けられ、実に馴染みます。というか・・・何だかクロスオーバーイレブンを聴いてる感じ。勉強しながらラジオで、ジョイフルポップ>青春アドベンチャー>クロスオーバーイレブン>オールナイトニッポンと聴いていく流れは、当時受験生だった自分の習慣でした。懐かしい。最近はラジオをめっきり聴かなくなったので、流行の曲や新人アーティストが全然分からなくなりました。無理に開拓する必要も無いんですけど。
全曲通して好みでしたが、お気に入りの一曲はビル・エヴァンズ「Children's Play Song」。ピアノ最高。
投稿時間 00:10 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.07 

ニンテンドーDS「脳を鍛える大人のDSトレーニング」


「おやじギャグ」の連発は実は脳を活性化させるのです。
ただし聞かされる方は・・・脳の活動が休止するかも知れませんね。


脳トレ!買ったのは半年以上も前ですが、松嶋菜々子のCMを見て久々にやる気に。学習療法の提唱者である医学博士川島隆太教授による書籍「脳を鍛える大人の計算トレーニング」等をDS向けにアレンジしたソフト。一昨年辺りから話題だった「若返り脳」ブームが昨年ブレイクした事に乗って脅威の売り上げを記録(現在の販売本数は約91万本)、ロングセラーにもなってニンテンドーDS普及の原動力になりました。先日新作も発売されています。
私は発売日にDSと一緒に購入、2,3ヶ月は毎日徹底的にトレーニングしていましたが最近はご無沙汰気味。また脳年齢40代かと思いきや、結果は画像の通り。得意な種目が出たのもありますが、まだ指が覚えていた様です。正直慣れれば脳年齢20才には簡単になれるので、後は自分の能力の限界に挑戦する事に。これが結構熱い。また、家族4人で競い合えば楽しさは数倍になります。そしてデータが揃うと突如開幕する「展覧会」で大爆笑間違い無し。隙の見当たらない良作と言えるでしょう。
実物の川島教授はあまりピンと来ないんですが、DSトレーニングのポリゴン教授はスターフォックスのアンドルフ皇帝、もしくはエックスの教官を思わせて激しく萌え。そのよく動く口にツインビームをブチ込みたい。レーダー基地にハイエックスミサイルを放り込み、怒って出現する教授に突き殺されたい。ファンシーなポリゴン教授の存在が、無味乾燥になりがちなトレーニングソフトに華を添えています。

関連リンク:脳を鍛える大人のDSトレーニング BLOG展覧会場
      日本人だけに許された脳力鍛錬アイテム『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』POP-SITE
投稿時間 00:00 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.06 

シルヴァン・ショメ「ベルヴィル・ランデブー」


シンガポールで死ぬのは嫌だね インテリっぽく過ごすなんて
ヨレヨレのバカでいたいんだ ベルヴィルの三つ子みたいに


海外の映像作品を中心に販売しているレーベル、ジブリCINEMAライブラリーからの一本。フランスのアニメーション映画。
大戦後のフランス。マダム・スーザは親を亡くした孫、シャンピオンと二人暮らし。スーザは内向的なシャンピオンを心配し、いろいろ興味のありそうなものを与えてみるがうまくいかない。ある日スーザは部屋を掃除中、シャンピオンのスクラップブックを見つける。そこには沢山の自転車の写真があった。そこでスーザが三輪車を与えてみるとシャンピオンは飛び跳ねて喜ぶのだった。そして数年後、自転車レースの権威『ツール・ド・フランス』に参加するシャンピオンの勇姿があった。
評判が非常に良かったので見たいなーと思っていたんですが、近所では店頭に無く中古でも見付かりません。先日立ち寄ったHMVに置いてあったので購入。
日本では目にする事の無い独特な色合いと造形のフォルム。セリフがほとんど無い事も相まってアートな雰囲気を醸し出しています。が、気取った風な感じはしませんし、むしろ余計な雑音が無いおかげでひたすらキャラクターの動きと独自の世界感に没頭できます。
マフィアの肩のライン、船舶のフォルム、ベルヴィルに住む人々の超肥満スタイルなど異様とも思えるデザインを見ているだけでも楽しいですが、愛犬ブルーノの無茶な使いっぷりやカエルまみれの三つ子アパートに笑いが止まりません。そして時折顔を出す皮肉っぽい視点にハッとしたり。大人の為のアニメーションとして非常に楽しめます。
色合いは昔読んだイギリスの原爆絵本「風が吹くとき」を思い出させ、キャラクターの造形、どこか歪んだ建築物、部屋の美術などはプレステの「MOON」を・・・これは「MOON」自体がヨーロッパのマンガを参考にしてあるせいでしょうね。作中に流れるテレビ番組や小物には映画「アメリ」で見たようなものが出て来ます。まぁ、同じフランス作品だから当然といえば当然でしょうか。音楽もいちいちそれっぽいです。エンディングの曲もカッコ良過ぎてシビレる。
以下ネタバレ。
続きを読む
投稿時間 00:51 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.04 

謹賀新年


明けましておめでとうございます。2006年も当ブログをよろしくお願いいたします。今年の目標はとりあえず1年更新を継続すること、あと読みやすい文章を書くこと。
年末年始はどこへ行って何をするでもなく、紅白も隠し芸大会も観ずに、録画しておいた「ピタゴラスイッチデラックス」を観ながらみかんとお餅食べてました。線画アニメの『フレーミー』とか実に和みますが、メインはやっぱり『ピタゴラそうち』。燃焼エネルギー>運動エネルギー>位置エネルギーと、次々にスムーズかつドラマチックに変換されていく様は感動的です。
あとは年賀状とメールのやり取りを少々。年賀状の重要度が減ってきた最近では、気の利いた手書きの年賀状よりも元旦早朝のメールの方が相手にアピール出来そう。自分は前者の方が嬉しいんですが。もしも年賀状を出し忘れても、元旦の午前中にメールすればフォローOK、かも。そしてメールリストの正月メールを初ゲット(旧機種では感知不能)。メールリストって登録されてないアドレスも全部相手に漏れるんですね。当然か。正月や飲み会の打ち合わせ位にしか使わないんでしょうが、トラブルにならないのかな。
あとこれ見てました。スーパーマリオ64短時間クリア(情報元:島国大和のド畜生)。そこらの映画より感動出来るスーパープレイムービー。自分が操作するといちいちトラップに躓き、ボトボト落下死してしまうマリオは、これだけのポテンシャルを秘めてるんですね。溶岩に触れてしまい飛び跳ねるリアクションすらショートカットに利用するしたたかさ。勿論こういった魅せるプレイの影には何百時間というやり込みがあるんでしょうが、ムービーそのものは一切の無駄が無くただただ美しい。自分が魅せるプレイの出来るゲームなんて何かあるだろうか、とふと考えてしまいました。
投稿時間 20:01 | 日記 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。