--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2014.11.08 

KIRINJI TOUR 2014 in 名古屋 CLUB QUATTRO


高樹「(俺が宣伝するのとでは)もう物販の売り上げが違うのが証明されちゃったので(販促MCは)任せます」
弓木「なんか今日はいつもの様に皆が合いの手を入れたりして助けてくれないw」


メインボーカルの泰行さんが脱退、それまでのツアーメンバー&コトリンゴ、弓木英梨乃が加入。総勢6名のバンド体制で再出発のキリンジ改めKIRINJIのライブ行って来ました。再出発後の最新アルバム「11」が泰行さんの抜けた穴を埋めて余りある素晴らしい出来で大満足だったのですが、ライブとなると話は別で。ソロ活動時のライブでも再出発後の初ライブでも、やはり変わらぬ兄樹の安定しない喉が心配の種ではありました。不安と期待を抱えつつ矢場町に向かう私を待っていたものは。

過去記事:KIRINJI TOUR 2013 in Zepp Nagoya
キリンジライブ2008 in 名古屋 CLUB QUATTRO
キリンジライブ2006 in Zepp Nagoya

続きを読む
スポンサーサイト
投稿時間 11:20 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2013.04.01 

KIRINJI TOUR 2013 in Zepp Nagoya


高樹「(グッズのTシャツについて)自分の顔が描いてあるTシャツなんてさすがに着れないでしょう。見た人にどんだけ自分が好きなんだって思われるじゃん」

キリンジのラストツアー2013、堀込兄弟の見納めにZepp Nagoya行って来ました。今回初めて会場までクルマで来ましたが、会場近くの一日打ち切り500円の駐車場に入れなかったのが業腹でした。解散がアナウンスされた後の公演ということもあってか今回は当日券無し。開場を待つ列も高架近くまで伸び2006年のライブの時とは違う熱気を感じました。男女比は1:9くらい。開演前にローディーが高樹さんのダブルネックギターをテストしていて頬が緩んで仕方なかったです。

過去記事:キリンジライブ2008 in 名古屋CLUB QUATTRO
キリンジライブ2006 in Zepp Nagoya

続きを読む
投稿時間 23:27 | キリンジ | コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2013.03.28 

キリンジ「ten」


風呂はいいね 裸だから 白い泡と白い湯気と
棘ささってても とけて消えていく みんなそう、ただのヒトだよ(track6.黄金の船)


只今聴いてます。もうしばらく聴く。
今のところは俺色に染めて亀裂を生んだBUOYANCYからSUPER VIEWを経てついに兄樹がヤスに歩み寄った!みたいな。黄金の船は愛しのルーティーン>Round and Roundの流れで絶対泰行曲だと思ったら高樹曲だったとか。お洒落シティポップスから民族調曲へのアプローチ、その変遷とは。歩み寄ったんじゃなく単に製作時間足りなくてアレンジがシンプルになっただけじゃないのかとか。いろいろ。

関連リンク:アルバム「Ten」セルフライナーノーツ by キリンジ - columbia.jp
[Power Push] キリンジ「Ten」インタビュー (1/3) - ナタリー

投稿時間 19:43 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2012.11.11 

キリンジ「SUPER VIEW」


暴れる丘を蹴って 死んだふりをした昨日は振り返るな
さぁ 疾走しろ もういちど 鬣(たてがみ)を燃やして(track3.荊にくちづけを)


堀込兄弟のポップユニット、キリンジの2年ぶり9枚目のオリジナルアルバム。配信限定シングル「祈れ呪うな」「涙にあきたら」を含む9曲入り46分。
待ちかねたニューアルバム来ました。来春にはもう一枚、実質のラストアルバムを出して全国ツアー2013を回り、ツアー終了と同時に泰行さんがキリンジ脱退というスケジュールになるようです。キリンジの解散は残念ではありますが、セルフプロデュース作からソロの音源、他アーティストへの提供曲に至るまでずっと愛聴してきた身からすると、驚きよりはああなるほどという想いの方が強いです。ボイエンシーは特に兄色が強かったもんなあ。泰行さんの求める楽曲のシンプルさと兄樹の繊細なこだわりアレンジは、なかなか折り合いをつけるのが難しいところまで来てたのかもしれません。これでお互い離れて別々の個性を発揮して、いつかまた一緒にプレイする日が来るといいなあと願ってやみません。では一通り聴き飛ばした印象など。
1.早春 アルバム後半を思わせるテンションとbpmで始まる1曲目。アルバムのラス前位に入ってても違和感ありません。でもwake upー!wake upー!の盛り上がりが非常にカッコイイ。2.TREKKING SONG 夏の光は曲調があまりに陽気過ぎて好きになれませんでしたが、この曲は明るさ全開の中にもキリンジ節がしっかり健在な感じ。好き。3.荊(いばら)にくちづけを メロも歌詞も純正馬の骨なロックミュージック。「TREKKING SONG」と「涙にあきたら」に挟まれているせいでどうもコーラスとギターのアレンジが荒れてるように聴こえてしまう。今回一曲も共作の無い(作詞作曲的な意味で)アルバムの中"faraway"という共通の単語がやけに印象に残ります。4.涙にあきたら シングルとして聴いた時はそんなでもなかったけど、凄くいい曲ですねこれ。やっぱりポップソングは気持ちいいコーラスがあってこそだな!と再認識させてくれます。5.いつも可愛い どこかで聞いた様なプリセットのリズムも楽しいソウルナンバー。「可愛いベイビー」を狙ったというわけでもないでしょうが、どうも頭にチラついてしまいます。溺愛子育てソングと思いきや、後手でスイッチ切るベイビーはいないよなあと考え直したり。ラストのシャウトとかオムツ開いてビビる兄ちゃんの姿が浮かんでくるんですけどね。6.今日の歌 馬の骨以降のヤスメロの集大成というか手癖大集合というか。ここからどう抜け出して新しい音を見つけていくかが今後の馬の骨の指標となるのでしょう。7.祈れ呪うな 言うこと無いですね。この曲が入っているアルバムということに価値が生まれる一曲だと思う。8.バターのように 「アンモナイトの歌」を引き継ぐ舟漕ぎソング。あーアルバムが終わるーという感じ。9.竜(たつ)の子 アルバムラストを飾る泰行さんのバラードソングということで「カウガール」な位置づけですが、70年代ロックが泰行さんのルーツミュージックに近いのかな。イーグルスぐらいしか知りませんけど。
ジャケットはもうお馴染みの兄弟顔面デザイン。兄が弟を見下ろす感じが感じ悪いので逆の方が良かったかな。歌詞カード内デザインは懐かしめのサイケ調コラージュで泰行さんの意向が尊重されてるみたいです。

関連記事:キリンジ 9thアルバム『SUPER VIEW』オフィシャルインタビュー - 日本コロムビア
過去記事:キリンジ「祈れ呪うな」
キリンジ「ボイエンシー」
キリンジ「7」
キリンジ「DODECAGON」


投稿時間 20:28 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2012.05.16 

キリンジ「自棄っぱちオプティミスト」


そもそも、ひとりのアーティストを2時間も聴いていられなくて。立ったまま聴くというのも、辛い。(堀込高樹 227Pより)
ぼくも人前で歌いたくて音楽はじめたわけじゃないから不安もあるわけで。(堀込泰行 136Pより)


文学系女子御用達の雑誌「ダ・ヴィンチ」に08年5月~10年4月まで連載されたキリンジのコラム「自棄(やけ)っぱちオプティミスト」を一冊にまとめたエッセー集。他に長嶋有、森山未来との対談やキリンジ辞典、メジャーデビューからボイエンシーまでの14年間を語り尽くす10時間インタビューが90ページ以上にわたり掲載。本のタイトルは6thアルバム「ドデカゴン」の収録曲より。
以前発売されたエッセー集「あの世で罰を受けるほど」ではハイテンションかつエキセントリックな文章の高樹兄ちゃん、ネタも無くしぶしぶ日常を描写する泰行さんという対比が面白かったですが、今回は作家然とした落ち着いた文章の兄樹、軽快な脳内疾走をする弟ヤスという大きな変化が見られます。特に泰行さんの文章力の上がり具合がハンパない。今回間違いなく兄ちゃんの文章より面白いです。やればできるじゃん。ライブのMCでも本気出せ本気をと思わずにはいられません。また、一応雑誌連載分をまとめたエッセイ集という体裁ではありますが、この本のメインは間違いなく10時間インタビューの方でしょう。ミズモトアキラ氏を聞き手に柴田マネージャーが補足する形で、アルバムの製作風景からジャケットデザインのあれこれ、「Drifter」「エイリアンズ」等名曲の誕生秘話、ライブへの姿勢や兄樹の結婚式、当時考えていたことまで事細かに回想しています。これが凄い。知りたかったことから知りたくなかったことまでいろいろ語りまくってます。最近は年のせいか好きなアーティストのことを知り過ぎて嫌いになる傾向が自分の中にあるので、そういうツイッターとかラジオは極力見たり聴いたりしないようにしてるんですが、そういう幻想抱きがちなファンにはキツいぶっちゃけ話が多い感じ。逆にアーティストが着てるものや食ってるものまで知りたいようなファンには必携の一冊なんじゃないでしょうか。

過去記事:キリンジ「あの世で罰を受けるほど」

投稿時間 21:22 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2012.05.10 

キリンジ「祈れ呪うな」

inorenorouna.jpg
togetherしようぜ 土下座させようぜ 知ってたクセに騙されたとはね cool guy
やましさのタトゥー刻み付けて とこしえに背負ってゆくパレードよ
祈れ呪うな あれは荒ぶる神だぜ 怖い 吹き飛ぶ屋根が


ここのところのキリンジといえば、佐野元春のソングライターズで観覧者との作詞バトルに負けたり(俺の主観です)、セルフカバーアルバム「SONGBOOK」では全体的に提供アーティストの歌の方が良かったりと、個人的にはちょっとパワー落ちてるかなという感じでしたが、こないだのインターネットラジオKiKi_KIRINJIで流れたこの新譜は激しく来ました。311以降の反原発運動を歌ったお囃子ロック。どこか吉良知彦を思わせる歌詞とギターサウンドで、今までの洒落たポップスとは違った新境地を見せてくれています。歌詞もいつもの皮肉を効かせながら、都合の悪いものを遠方に押し付け安全な場所から繁栄を享受していた自らを恥じ入る複雑なもの。これから先の「嫌だ怖い」だけでなく、今までの「安心豊か」をあえて拾っている部分が今までの原発ソングと一番違うところで、兄ちゃんしか書けないラインだと思うですよ。地獄の釜を炊く 神の火で等の比喩も起きろよ アトムの子らよなど引用もキレキレです。まだ全部曲聴いたわけじゃないのであんまり決め付けるのもアレですが、都市鉱山と並び今後も歌い続けていって欲しい方向性なのです。5月30日発売でネット配信のみ。

投稿時間 19:46 | キリンジ | コメント(5) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.02.26 

キリンジをファミコンアレンジ 「ホライゾン! ホライゾン!」


3DSの発売日にとびだせ大作戦とはやられたー。しかも俺がボイエンシーで一番好きな曲じゃないですか。序々に盛り上がってくる動画がとても素晴らしい。曲タイトルのホライゾン(地平線)からとびだせ大作戦を発想するセンスがまた。飛んで来る文字の動きも歌詞の意味がしっかり生かされており、キリンジ愛に溢れるPVに仕上がっています。
楽曲アレンジ&動画製作はhinued。キリンジの楽曲等をPSGのファミコン風、PCMのスーパーファミコン風などにチップチューンアレンジしてニコ動に投稿されている方。アレンジの良さに加え非常に凝ったドット絵の画像、PVで人気があります。元ネタのゲームに忠実な音色、ドットデザインで堀込兄弟がしっかりゲーム画面に馴染んでいるのが凄いですね。キリンジもMOTHER2も好きな自分としてはスーファミアレンジの「耳をうずめて」がMOTHERの世界観にハマり過ぎてて思わず笑ってしまいました。オネット、ツーソン辺りで流れて来ても全く違和感無いレベル。ホント一度hinuedさんにキリンジの新曲PVを担当して欲しいところです。YMCKみたいにキュートでポップなヤツを。


「ボイエンシー」からもう一曲。スーパー兄弟ネタやアグレッシブな土管の動きがステキ。


投稿時間 13:49 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2010.10.01 

キリンジ「ボイエンシー」


吹き飛ばされそうな列島 掴んだらはなさぬ列強
錆び付く町はニューフロンティア 然らば引き出し探ろう(track.8 都市鉱山)


堀込兄弟2人によるポップユニット、キリンジの2年半ぶり8枚目のアルバム。タイトルは「浮力」の意。
日本外交オワタ\(^o^)/とかやってるうちに出てましたニューアルバム。馬の骨の2枚目も買ってないし今回も見送りかな~と思っていたら「DODECAGON」でキリンジから離れた友人が『今回は結構いいよ』と薦めてくれたので買ってきました。ちょっと湿り気のある前アルバム「7」から大分明るめの音になった印象。一通り聴いた感じでは兄のソロアルバム「Home Ground」にイメージが近い…むしろ「Home Ground2」といってもいい位の感触がしました。ヤスオンリー曲にも兄樹ちょっと口を出し始める、みたいな。あとドラムがほとんど楠さんになってて俺得。以下は感想など。
1.夏の光 平成のナイアガラサウンド全開。速いペースのリズムギターとベースが気分を急かします。歌詞の"一度きりの命に今度は無い"に続く足跡・波・太陽の下りが「自棄っぱちオプティミスト」の流れ星・月・雨・花と裏返しみたいになってて対比が非常に興味深い。2.温泉街のエトランジェ 「一度きりの上映」「この部屋に住む人へ」と受け継がれてきた情景描写系ソング。ねっとりとした兄テイスト満載です。3.ホライゾン!ホライゾン! 聴いてるとつい口ずさんでしまう、文句無しの良質ポップス。たぶん一番リピート回数多い。4.Rain レゲエ調のゆったり君待ちソング。溢れる幸福感。5.セレーネのセレナーデ 「雪んこ」をもう一回作り直したのかと思った。メロは聴きやすくなってる。6.台風一過 ブズーキにスティールパンがエスニックなアジアンテイストを醸し出す合唱曲。いい感じ。7.空飛ぶ深海魚 純正馬の骨な楽曲ながら、オケに強く兄樹の色を感じる。というかこれも「雪んこ」っぽい。8.都市鉱山 これはひどい。最高。「アメリカン・クラッカー」みたいなイントロで始まる意欲作。鈴木慶一を意識したようなブレた歌声にシニカルな歌詞、"生唾ポテンシャル"等の高樹節が冴え渡る。こういう曲オンリーのアルバムも聴いてみたいもんです。9.Round and Round リズムや歌詞の内容から「愛しのルーティーン」の続編を思わせるミドルチューン。ホテルカリフォルニアを思わせるベースがイカしてます。10.秘密 かっこいい骨太なロックナンバー。歌詞は泰行さんらしからぬ『女と危険日にヤッちゃった』ソング。エロい。もっとこういう歌詞書いて欲しい。11.アンモナイトの歌 「ロープウェイから今日は」と同じくもう一つの兄樹曲の集大成だと思う。ホントはこういう曲ばっか作りたいんだろうなー。12.小さなおとなたち こんな呆れる程にネガティブな"明日があるさ"を初めて聴いた!"おおきなお友達"をいともたやすく言い換える兄樹マジックが冴えてます。
かっこ悪いと友人には不評のようでしたが、ジャケットや歌詞カードのデザインは今回結構お気に入り。CDを外すと現れるサインにも余裕を感じさせます。

boyliner.jpg
12 1/25追記:友人にもらった堀込兄弟自筆手書きライナーノーツを今頃貼ってみる。

過去記事:キリンジ「7」
キリンジ「DODECAGON」

投稿時間 20:43 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。